> 故障かな?と思ったら

故障かな?と思ったら

本体

症状

対処

ペアリング(機器登録)できない

一度、両方のイヤホンを充電ケースに入れ、インジケーターが消灯または赤点灯になったことを確認してから再び取り出してください。

本機と相手機器を1m以内に近づけて、再度接続してください。

相手機器のBLUETOOTH設定をONにしてください。

接続のページをご参照ください。ペアリングする(機器登録する)

前回接続した機器と接続できない。

一度、両方のイヤホンを充電ケースに入れ、インジケーターが消灯または赤点灯になったことを確認してから再び取り出してください。

本機と相手機器を1m以内に近づけて、再度接続してください。

相手機器のBLUETOOTH設定をONにしてください。

相手機器の接続情報を削除し、再度ペアリングしてください。

接続のページをご参照ください。ペアリングする(機器登録する)

左側のイヤホンが赤く点滅して接続できない

相手機器の電源を入れ、BLUETOOTH設定をONにしてから、接続してください。

右側のイヤホンが赤く点滅して音が出ない

一度、両方のイヤホンを充電ケースに入れ、インジケーターが消灯または赤点灯になったことを確認してから再び取り出して、接続してください。取り出した後は、イヤホンのLとRを近づけてください。

相手機器を本機に接続後、すぐに動作しない

相手機器によっては、本機と接続してLのインジケーターが青くなっても、接続動作の時間差により、すぐに動作しない場合があります。数秒待ってから、再度操作してください。

音量が小さい、または音質に違和感がある

本機または相手機器どちらかの音量を上げてください。

本機を耳にきちんと入れてください。

イヤーピースのサイズを変更してください。音楽を聴く

耳からすぐに外れる

イヤーピースのサイズを変更してください。音楽を聴く

ピポットモーションサポートを最適な位置に調整してください。音楽を聴く

音がひずむ

相手機器または本機で音量調整してください。

本機を充電してください。充電する

音が途切れる、 ノイズ(雑音)が出る

相手機器の位置を最も通信が安定する位置、向きでご使用ください。体に密着させると途切れやすくなります。本機はLが親機で、Lが相手機器およびRとつながる仕組みになっています。

起動するアプリをできるだけ少なくしてください。

本機を充電してください。充電する

音の途切れ、ノイズへの対処について、詳しくは当社のホームページをご確認ください。
http://www3.jvckenwood.com/accessory/support/bluetooth/

正しく動作しない

本機を充電したあと、電源を再度入れてください。

充電できない(イヤホン)

一度両方のイヤホンを充電ケースから取り出してから、両方のイヤホンを充電ケースに入れてください。

イヤホンをしっかり充電ケースに挿入してください。

イヤホンと充電ケースの接点部分の汚れを綿棒などで取り除いてください。

充電ケースを先に充電してください。充電ケースを充電する

片方のイヤホンだけ充電ケースから取り出すと、充電ケースに戻したときに正しく充電できない場合があります。
このようなときは、一度両方のイヤホンを取り出してから、両方のイヤホンを充電ケースに入れてください。

充電ケースのバッテリーが空のときに、イヤホンを充電ケースに入れると、その後USBケーブルを挿入してもイヤホンの充電が始まりません。このようなときは、一旦両方のイヤホンを取り出し、先に充電ケースを充電してください。

充電できない(充電ケース)

USBケーブルを奥までしっかり挿入してください。

使用温度範囲内で充電してください。

専用アプリケーション

症状

対処

アプリが起動しない

あらかじめスマートフォンと本機を接続してからアプリケーションを起動してください。

 

 

 

上記の操作を行ってもRから音が出ない場合や、LとRがつながらない場合、次の操作で改善する場合があります。

出荷時の状態に戻す

ペアリングした機器情報はすべて削除(初期化)されます。最初からペアリングをやり直してください。

1本体のボタンで両方の電源を切ります。

2Lのボタンを約15秒間押し続け、インジケーターが「赤と青で交互に速い点滅」から「赤と青で交互にゆっくり点滅」に変わったら指を離します。

3Rのボタンを約25秒間押し続け、Rのインジケーターが「青くゆっくり点滅」したら指を離します。

出荷時の状態に戻ります。

Lのインジケーターが赤と青で交互に速い点滅になり、相手機器とペアリングができるようになります。相手機器とペアリングしてください。ペアリングする(機器登録する)

LとRのイヤホンは、なるべく近づけて行ってください。