音楽を聴く

装着について

イヤホンのLとRを確認し、耳に左右正しく装着してください。

L側(左)には半球状の凸形状があります。

Wearing_FW1000T + Wearing FW1000T

左:凸

イヤホンを図のように持って、耳に装着してください。

ear_have_FW1000T_LR

ロゴが水平になるように装着した後、イヤホンを回転させて、最もフィットする角度に調整してください。

ear_fit_FW1000T

お買い上げ時は、イヤーピースMサイズが装着されています。

良い音質で楽しんでいただくために、S / MS / M / ML / L から最適なイヤーピースを選び、耳穴にフィットさせてご使用ください。

イヤーピースのサイズが合っていないと、低音が不足したり音漏れの原因になります。

図に示すようにイヤーピースが確実に取り付けられているか、ご確認ください。

Wearing_1-1_FW1000T

イヤーピースが確実に取り付けられていない場合は、使用中にはずれて耳に残ることがあります。イヤーピースが耳に残った場合、耳に押し込まないよう十分注意してください。

リモコンの操作

相手機器で音楽などを再生します。

イヤホンを耳に装着した状態で、タッチセンサー部を操作してください。

Functions_FW1000T

再生/一時停止(Icon_Play-Pause

Lのタッチセンサー部をすばやく1回タップします。

周囲の音を聞く機能(タッチ&トーク機能)のオン/オフを切り替える

Rのタッチセンサー部をすばやく1回タップします。

周囲の音を聞く機能を使うと、再生中の音楽の音量が下がり、内蔵マイクで周囲の音が聞こえやすくなります。

ノイズキャンセル機能がオンのときは、Rのタッチセンサー部をすばやく1回タップするたびに、ノイズキャンセル機能と周囲の音を聞く機能が交互に切り替わります。

音量調節(Icon_Volume-Down/ Icon_Volume-UP

音量を上げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく3回タップします。

音量を下げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく2回タップします。

音量を連続的に上げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく2回タップした後、3回目を触れ続けてください。

音量を連続的に下げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく1回タップした後、2回目を触れ続けてください。

次の曲に進む(Icon_FF

再生中にRのタッチセンサー部をすばやく2回タップします。

前の曲または曲の先頭に戻る(Icon_REW

再生中にRのタッチセンサー部をすばやく3回タップします。

ノイズキャンセル機能のオン/オフを切り替える

Lのタッチセンサー部をすばやく4回タップします。

ノイズキャンセル機能を使うと、主に乗り物内の騒音や屋内の空調音などの周囲の雑音を低減することができます。

機能のオン/オフが切り替わるときに、音声ガイダンスが聞こえます。

工場出荷時は、ノイズキャンセル機能がオンになっています。

リモコンの操作(Lのイヤホンだけを使用するとき)

電源が入った状態で、装着センサー部分を下にしてイヤホンを机などに置くと、両方のイヤホンが装着されているものと誤検出し、イヤホンの片側だけを使用するときのリモコン操作にならないことがあります。イヤホンを使用しないときは、充電ケースに入れてください。装着センサーについて

相手機器で音楽などを再生します。

イヤホンを耳に装着した状態で、タッチセンサー部を操作してください。

Functions_L_FW1000T

再生/一時停止(Icon_Play-Pause

Lのタッチセンサー部をすばやく1回タップします。

音量調節(Icon_Volume-Down/ Icon_Volume-UP

音量を上げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく3回タップします。

音量を下げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく2回タップします。

音量を連続的に上げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく2回タップした後、3回目を触れ続けてください。

音量を連続的に下げるには、Lのタッチセンサー部をすばやく1回タップした後、2回目を触れ続けてください。

リモコンの操作(Rのイヤホンだけを使用するとき)

電源が入った状態で、装着センサー部分を下にしてイヤホンを机などに置くと、両方のイヤホンが装着されているものと誤検出し、イヤホンの片側だけを使用するときのリモコン操作にならないことがあります。イヤホンを使用しないときは、充電ケースに入れてください。装着センサーについて

相手機器で音楽などを再生します。

イヤホンを耳に装着した状態で、タッチセンサー部を操作してください。

Functions_R_FW1000T

再生/一時停止(Icon_Play-Pause

Rのタッチセンサー部をすばやく1回タップします。

音量調節(Icon_Volume-Down/ Icon_Volume-UP

音量を上げるには、Rのタッチセンサー部をすばやく3回タップします。

音量を下げるには、Rのタッチセンサー部をすばやく2回タップします。

音量を連続的に上げるには、Rのタッチセンサー部をすばやく2回タップした後、3回目を触れ続けてください。

音量を連続的に下げるには、Rのタッチセンサー部をすばやく1回タップした後、2回目を触れ続けてください。

周囲の音を聞く機能を使うと、聞くのをやめたときに、音楽は元の音量に戻ります。周囲の音を聞いているときに音量を上げると、音楽に戻したときの音量が上がるので注意してください。

周囲の音を聞く機能は、内蔵マイクから周囲の音を取り込んでいます。マイク穴に触れるとノイズが聞こえます。イヤホンを操作するときは、マイク穴に触れたり、マイク穴をふさがないように注意してください。

Mic_hole_FW1000T + Mic hole FW1000T

マイク穴

周囲の音を聞く機能の切り替えとノイズキャンセル機能の切り替えは、相手機器に接続しているときだけ操作できます。

ノイズキャンセル機能は、乗り物内の騒音や屋内の空調音など、低い音に効果がありますが、乗り物などのアナウンスや話し声、ベルなどの比較的高い音に対しては効果が弱くなることがあります。

電池残量がほとんどなくなると、イヤホンから音声ガイダンスが聞こえます。

動画などを視聴する場合には、若干の音声の遅延が発生します。

すべての相手機器での動作を保証するものではありません。

動作確認済リスト