> 音楽を聴く/電話をする > 装着センサーについて

装着センサーについて

本機は装着センサーでイヤホンの装着状態を検出しています。

装着を検出すると、装着音(メロディー)が鳴ります。

イヤホンを耳から外すと、誤作動防止のため、タッチ操作はできません。

イヤホンを耳に装着しているときは、イヤホンのインジケーターが消灯します。

イヤホンを両耳に装着した状態で、Lのタッチセンサー部をすばやく5回タップすると、装着センサーのオン/オフが切り替わります。

PLAY_button_L_5tap_FW1000T + Button L 5tap FW1000T

タッチセンサー部

装着センサーのオン/オフが切り替わるときに、音声ガイダンスが聞こえます。

工場出荷時は、装着センサーがオンになっています。

使用状況によっては、装着センサーが動作しない場合があります。

イヤホンを耳から外した後、装着センサーを覆わないように注意してください。装着センサーが反応して、誤作動することがあります。

Sensor_FW1000T + Sensor_FW1000T

装着センサー

装着センサーがオンのときは、イヤホンを耳から外していると、タッチセンサーが反応しません。イヤホンの電源を切るときは、充電ケースに入れて電源を切るか、イヤホンを耳に装着した状態で、LとRのタッチセンサー部を約3秒間触れ続けてください。電源を切る

装着センサー部が汚れていると、誤作動の原因になります。定期的に乾いた布で表面を拭いてください。